産学連携

年度 名称 担当教員 パートナー
2008年
~2010年
パプアニューギニアにおける環境保全型農業に関する研究 礒田 博子 コスモ石油
2008年
~2009年
腐食物質を用いた土壌汚染物質固定技術開発及びヒト細胞を用いた処理土壌安全性評価に関する研究 礒田 博子
山田 パリーダ
愛州エンジニアリング
2007年
~2008年
アンチエイジング対象機能性評価簡易バイオアッセイ技術の開発 礒田 博子 アレナビオ
2007年~ 北アフリカ産オリーブの機能性研究 礒田 博子
宮崎 均
ファンケル
2007年
~2008年
中国乾燥地由来有用生物震源の探索に関する研究 礒田 博子
安部 征雄
カネカ
2007年
~2008年
カプサイシン受容体の機能と応用に関する研究 田中 敏之
礒田 博子
カネカ
2007年
~2008年
天然物由来生理活性物質の機能性評価に関する研究 礒田 博子 アレナビオ
2007年
~2008年
沖縄の地域資源における機能性評価に関する研究 礒田 博子 トロピカルテクノセンター
2007年
~2009年
植物エキスの生物活性に関する研究 礒田 博子 日本油脂
2007年
~2008年
ビーポーレンの生理活性に関する研究 礒田 博子 加藤美峰園本舗
2007年
~2008年
プロポリスの生理活性に関する研究 礒田 博子 加藤美峰園本舗
2007年 人工フルボ酸の生理活性機能の確認 礒田 博子
山田 パリーダ
レミア
2007年
~2008年
平成19年度地球環境研究総合推進 新規戦略研究プロジェクト(S-2 陸域生態系の活用・保全による温室効果ガスシンク・ソース制御技術の開発-大気中温室効果ガス濃度の安定化に向けた中長期的方策-) 安部 征雄 成蹊大学
2007年
~2008年
チュニジアオリーブ由来 apigenin 7-glucosideの白血病細胞分化誘導作用 韓 畯奎 (独)科学技術振興機構
2007年
~2008年
カフェオイルキナ酸を用いたアルツハイマー症予防食品の研究開発 礒田 博子 (独)科学技術振興機構
2007年
~2008年
天然有機物由来フルボ酸を用いた抗アレルギー物質の研究開発 山田 パリーダ (独)科学技術振興機構
2007年
~2008年
持続可能なサニテーションシステムの開発と水循環系への導入 礒田 博子 (独)科学技術振興機構
2007年 バイオアッセイキットシリーズの開発 礒田 博子 アレナビオ
2007年
~2008年
沖縄微生物を対象にした抗酸化物質の探索 礒田 博子 アレナビオ
2007年 動脈硬化の発症・進展に及ぼすインドキシル硫酸の作用解析 宮崎 均 クレハ生物医学研究所
2007年
~2008年
乾燥地及び半乾燥地での環境保全型農業に関する研究 礒田 博子 コスモ石油
2007年
~2008年
ES大豆発酵生産物の大腸がん増殖抑制に関するガスパーゼ解析 礒田 博子 有限会社 エコサンテ物産
2007年
~2008年
in vivo でのES大豆発酵生産物の大腸がん増殖抑制効果の評価 礒田 博子 有限会社 エコサンテ物産
2006年
~2007年
中国乾燥地由来有用生物資源の探索に関する研究 礒田 博子
安部 征雄
カネカ
2006年
~2007年
カプサイシン受容体の機能と応用に関する研究 礒田 博子
田中 俊之
カネカ
2006年
~2007年
カフェオイルキナ酸を用いたアルツハイマー症予防食品の開発 礒田 博子 アレナビオ
2006年
~2007年
プロポリスに含まれる老化予防及びその製品化に関する研究 礒田 博子
繁森 英幸
加藤美峰園本舗
2006年
~2007年
ビーポレンから新規生物活性物質の検索 礒田 博子
繁森 英幸
加藤美峰園本舗
2006年
~2007年
陸域生態系の活用・保全による温室効果ガスシンク・ソース制御技術の開発 安部 征雄 成蹊大学
2006年
~2007年
持続可能なサニテーションシステムの開発と水循環系への導入 礒田 博子 (独)科学技術振興機構
2005年
~2006年
陸域生態系の活用・保全による温室効果ガスシンク・ソース制御技術の開発 安部 征雄 成蹊大学
2005年
~2006年
持続可能なサニテーションシステムの開発と水循環系への導入 礒田 博子 (独)科学技術振興機構
2005年
~2006年
赤外光を用いた細胞分子の測定 宮崎 均 島津製作所
2005年
~2006年
ES大豆発行生産物の大腸がん抑制効果の比較実験及び細胞周期解析 礒田 博子 (有)エコサンテ物産
2005年
~2006年
アデノウイルスベクターの作成手法の研究 宮崎 均
清水 英寿
財団法人電力中央研究所
2005年
~2006年
糖脂質の機能解析に関するバイオアッセイ技術の開発 礒田 博子 アレナビオ
2005年
~2007年
チュニジア原産アロマ植物及びオリーブ残渣の機能成分の探索と応用に関する研究 礒田 博子 日本油脂
2005年
~2008年
新規バイオアッセイシステムの開発と受託ビジネスシステムの構築に関する研究 礒田 博子 東和科学
2005年
~2006年
暑熱ストレスによる生殖機能障害に対する茶カテキンの保護効果と分子メカニズムに関する研究 宮崎 均 三井農林
2005年
~2006年
蚕粉末のヒト腸管上皮細胞における糖質トランスポーター発現制御に関する研究 礒田 博子 シービージャパン
2005年
~2006年
酵母由来β-グルカンの食品機能解析 礒田 博子 アルプロン
2005年
~2006年
球形吸着炭の新規作用の探索 宮崎 均 クレハ
2005年
~2006年
バイオアッセイを用いた天然由来生理活性物質の探索 礒田 博子 千葉工大
2005年
~2006年
ES大豆発酵生産物の機能性に関する研究 礒田 博子 有限会社 エコサンテ物産
2005年
~2007年
荒漠地における持続可能型バイオマスエネルギー資源創出技術の研究開発「ストレス回避能力を付加した苗木育成技術の開発 安部 征雄
藤村 達人
森林総合研究所
2005年
~2006年
健康ダイエットに関する研究 礒田 博子 アイム
2005年 糖尿病予防食品としての蚕粉末のα-グルコシダーゼ阻害活性に関する研究 礒田 博子 シービージャパン
2005年 中国乾燥地由来有用生物資源の探索に関する研究 礒田 博子
安部 征雄
宮崎 均
カネカ
2004年
~2006年
節水灌漑システムの開発・研究 安部 征雄 (有)G&Fコーポレーション
2004年
~2006年
陸域生態系の活用・保全による温室効果ガスシンク・ソース制御技術の開発 安部 征雄 成蹊大学
2004年
~2005年
有用生物資源探査に関する研究 安部 征雄 東和科学
2004年
~2005年
天然物の生理活性に関する研究 安部 征雄 千葉工業大学