カテゴリー別アーカイブ: 03 活動

第82回ARENA定期セミナーの様子

平成29年5月11日(木)にARENA定期セミナーを開催いたしました。

日時:平成29年5月11日(木)17:30~19:00
場所: 筑波大学 北アフリカ研究センター会議室
講演者:岡本 直久 氏
(筑波大学 システム情報系 社会工学域 教授)
講演題目:「アジア交通学会(EASTS)の20年の軌跡」

セミナーでは、岡本先生から、「EASTS (Eastern Asia Society for Transportation Studies)」設立20年にあたり、現在19の加盟国に至る苦労話もありました。講演後には、聴講者から海上交通の将来性について等、活発な質疑や感想が述べられました。

セミナーの様子

岡本 直久 システム情報系教授

広告

“Islamic Finance ” Seminar for Iran

北アフリカ研究センター 上山一助教が、JICA調査団の専門家としてイランに派遣されました。

平成28年10月1日~10月6日の期間、上山一助教は、JICA調査団の専門家として、イランに派遣され、 債権管理セミナーの講師を担当いたしました。

現地での講義の内容(抜粋)
10月3日
1 Outline on of Bond
1-1 Purpose of Bond issuance1-2 Types of Bond

2 Outline of Government Bill ( not Bond)
2-1 The purpose of the issuance of GB
2-2 The advantage and disadvantage of the issuance of GB for Government and the purchasers
2-3 Government’s Bond Issuance management
2-4 Case study on foreign country (Japan’s experience,lessons learned)

3 Legislative Framework for Islamic Finance and Sukuk in Japan
3-1 Regulatory framework for Islamic finance
3-2 Latest 2011 regulations for issuing sukuk
3-3 Legal characteristics
3-4 Legal and regulatory issues in sukuk

10月4日
4 The Sukuk Market
4-1 Overview of global sukuk market
4-2 Case study : sukuk market in Bahrain
4-2 Case study : sukuk market in Malaysia
4-4 Recent developments in the sovereign sukuk market
Extra Seminar

上山先生が現地テヘランの空港で購入された、貴重なお土産を披露!

dsc00863

テヘランの空港で購入された、チョコレート、サフラン入りキャンディ、紅茶

dsc00865

チョコレートの入っている紙箱

dsc00864

ペルシャ語(?)で書かれたチョコレートの説明書

 

img_20161005_1001175

テヘラン市街地_(上山一助教撮影)

img_20161005_1423381

テヘラン市街地_(上山一助教撮影)

第80回ARENA定期セミナー

第80回ARENA定期セミナーを下記のとおり開催いたしました。
スライド1


      • 講演題目:The Mediterranean diet: implications along the Spanish agrofood chain
      • 日時:平成28年7月21日(木曜日)17:00~18:30
      • 場所:北アフリカ研究センター会議室(共同研究棟A301)
      • 講演者:Prof. Luis Miguel Albisu
        Professor, Chairman Scientific Committee,
        Center for Agro-Food Research and Technology
        of Aragon (CITA), Government of Aragon, Spain
      • Abstract:The Mediterranean diet has been praised for its healthy benefits in many countries. Traditional Mediterranean countries have been adapting, along their agrofood chains, to new consumers’ demands as well as policy requirements established by the European Union (EU) authorities and technical recommendations offered by the European Food Safety Authority (EFSA). This presentation analyses the main trends occurring along the Spanish agrofood chain from consumers’ reactions but also decisions taken by agrofood industries and producers of agricultural commodities. Somehow, the idea is to have a global vision of the entire agrofood system

 

DSC00424

セミナーの様子

DSC00430

Prof. Luis Miguel Albisu

DSC00440DSC00443

SATREPS日本側代表団がモロッコ・チュニジアを訪問

モロッコ側CPとの協議

モロッコ側CPとの協議

JST-JICA「地球規模課題対応国際科学技術協力事業(SATREPS):エビデンスに基づく乾燥地生物資源シーズ開発による新産業育成研究」の5月からの開始に伴い、研究代表者を勤める北アフリカ研究センターの礒田博子教授ら日本側代表団が、5月8日から14日にかけて、モロッコ、チュニジアを訪問した。一行は9日、モロッコ農業・海洋漁業省のSadhiki次官、Bahaji担当局長と協議し、またSATREPSのモロッコ側カウンターパートであるハッサンII世農獣医大学、カディ・アヤド大学の研究者と、今後の活動に向けた具体的協議を行った。10日には黒川恒男在モロッコ日本大使を表敬し、午後からJICAモロッコ事務所での打合せを行った。翌11日には現地日本企業へのヒアリングを行った後に、チュニジアへと移動した。

黒川大使と一行

黒川大使と一行

Sadhiki次官、Bahaji局長と礒田教授

Sadhiki次官、Bahaji局長と礒田教授

12日にはチュニジア高等教育省にて、Kochlef局長及びチュニジア側カウンターパートであるチュニス国立農業研究所、ボルジュセドリアバイオテクノロジーセンター、スファックス大学国立技術学院、スファックスバイオテクノロジーセンター、スース大学医学部、乾燥地研究所の各研究者とともに、今後の活動に向けた協議を行った。翌13日には、カルタゴ大学学長、エル・マナール大学学長を表敬、JICAチュニジア事務所での打合せを挟んで、長谷川晋在チュニジア日本大使を表敬訪問し、今後のSATREPS及び北アフリカ研究センターの活動展開について協力をお願いした。

チュニジア側CPとの協議

チュニジア側CPとの協議

カルタゴ大学学長を表敬

カルタゴ大学学長を表敬

エル・マナール大学学長を表敬

エル・マナール大学学長を表敬

松原康介准教授が日本都市計画学会論文賞を受賞

■北アフリカ研究センターの松原康介准教授が、「中東・北アフリカ地域の都市計画技術協力史に関する一連の研究」により、日本都市計画学会より論文賞を受賞しました(2016.5.20)。
■業績と講評の詳細については日本都市計画学会ホームページ(http://www.cpij.or.jp/)に掲載されています。


picture1

松原 康介 准教授  システム情報系(北アフリカ研究センター)


日刊建設工業新聞2016年5月10日2面に関係記事が掲載されております。
http://www.decn.co.jp/?p=67422

読売新聞に記事が掲載されました。

読売新聞2016年1月3日(日曜日)発行の地域(茨城)のページに、北アフリカ研究センターの記事が掲載されました。

記事の中には、昨年(2015年)11月11日から18日にかけて開催された「MENA Week 中東北アフリカ週間」についても触れられており、人文社会系 北アフリカ研究センター 岩崎真紀助教と留学生との和やかなランチ会の写真が大きく掲載されています。


article_Yomiuri

ARENA スタッフミーティング

27年度10月から、スタッフミーティングが第2、第4月曜日開催に変更となりました。
12月28日のスタッフミーティグは中止とし、次回のミーティングは年明け1月18日(月)16時~を予定しております。
良い新年をお迎えください。

Bonne année 2016 à vous et à votre famille !