【フルサ・サイーダプログラム モロッココースの開催時期と費用に変更があります】

当初の開催時期がBモジュール試験期間と重なり、費用も高額であったため、アル=アハワイン大学と交渉を重ねた結果、開催時期と費用について大変喜ばしい変更がありました。当初6月下旬開始だったものが、7月5日開始、25日授業終了、同日より8月5日まで古都フェズでのホームスティまで実施していただけることになりました。
この変更の結果、応募者が増え、2015年度は6名の学生を派遣することになりました。北アフリカ研究センター一同、彼らの意欲を大変誇りに思います。

○派遣生
教育学類4年 嶋村安祐美さん
(昨年度フルサ・サイーダプログラムにてチュニジアに渡航した「リピーター」)
比較文化学類3年 高倉駿さん
社会学類3年 岩佐直斗さん
社会学類3年 岡元侑希さん
国際総合学類1年 草山亮さん
国際総合学類1年 島倉遼さん

○新スケジュール_2015年度
7月 4日(土)日本発
7月 5日(日)ラバト着・AUIへ移動、オリエンテーション
7月 6日(月)~ 7月24日 授業、諸活動
*さまざまな国から集まる学生たちとレベルに応じたアラビア語、現地文化に
関する授業を受けます。1週間遅れて到着した分、通常のクラスに追いつける
よう、特別に夜間レッスンもあります。
7月25日(土)退寮
7月25日(土)~8月 5日(水)フェズのホームスティ先へ移動
*筑波大生6名のために、特別にホームスティプログラムを実施。日本で言え
ば、京都にあたる美しい古都フェズのモロッコ人家庭に滞在し、現地の人々
や文化について知り、机で学んだアラビア語を現場で実践します。
8月 5日(水)ラバト発
8月 6日(木)以降 日本着

○総費用
約25~33万円(当初予定最高50万円の約半額)
内訳
・AUIへ支払うプログラム費(含授業料、食費、滞在費、
授業に関わるすべての費用)約19.5万円
・航空券約20万円 ・保険1-1.5万円 ・OSSMA約3500円
・その他雑費3-4万円
(ここから奨学金12~20万円を引いたものが総費用)
○単位
CEGLOC(旧外国語センター)開設「海外語学研修アラビア語」3単位

・・・・・・・・・・・・

2016年度も、みなさんの応募をお待ちしています!

広告

コメントは受け付けていません。