フルサ・サイーダプログラム~アラビア語と現地文化を知るための短期研修~帰国報告会を開催します 

FSP2014DebriefingPoster
北アフリカ研究センターでは今夏「フルサ・サイーダプログラム~アラビア語と現地文化を知るための短期研修~」を主催し、チュニジアに8名(国際地域1、人文1、比文1、国総3、教育1、生物1)、ヨルダンに6名(社会2、国総1、生資1、看護1、医学1)の学生を送り出しました。
この度、担当教員による当プログラムの概要説明、並びに実際に留学した学生によるプレゼンテーションの機会として下記のとおり帰国報告会を企画いたしました。
北アフリカ研究センターでは来年も同プログラムの参加者を募る予定です。アラビア語、イスラム文化、海外留学等に興味のある学生・教職員の皆さま、お誘い合わせの上お気軽にお立ち寄りください。

日時: 2014年10月29日(水) 18:15~19:45

会場: スチューデントコモンズ・プレゼンルーム(1A203)
(第一エリア・スープファクトリー隣)

主催: 筑波大学北アフリカ研究センター
共催: 筑波大学チュニス・オフィス、グローバルコモンズ機構

広告

コメントは受け付けていません。