リビア大使一行が来訪されました

IMG_5904_s

MELAD 臨時代理大使(左から2番目)には、本年2月7日に開催された北アフリカ研究センター特別セミナーの際にも本学へご来訪いただいた。

 2014年8月20日(水曜日)、リビア大使館からMohamed M. O. MELAD 臨時代理大使が北アフリカ研究センターを表敬訪問されました。今後の教育・学術交流のあり方や日本の役割が期待される研究分野(水環境技術、太陽光発電技術等)での交流促進について、意見交換が行われました。また、この度の表敬訪問に合わせて、リビア大使館より弊センターにリビア関連のアラビア語書籍11冊が寄贈されました。これに対して、礒田センター長より、謝意が示されました。

IMG_5900_s IMG_5897_s

(リビア大使館より、ご寄贈頂いた書籍の日本語名)

  • 「リビア:劇場の百年(劇作家はかく語れり)」
  • 「サーダウィーと議会(1948-1952)」
  • 「オマルムフタール協会(1941-1951)」
  • 「モハメド・シャルターミー:詩集コレクション」
  • 「航海(アスマ・ムスタファ・オスタ)」
  • 「リビアの散文における柔軟性」
  • 「花の売り子」
  • 「思想と文学における近似性」
  • 「ランタン職人」
  • 「後期オスマン期リビアにおける女性の役割(1835-1911)」
  • 「リビアにおけるエコツーリズムの動き」
広告

コメントは受け付けていません。