フルサ・サイーダプログラム参加生とともに駐日チュニジア共和国大使館を訪問しました

2014年6月13日に、フルサ・サイーダプログラム担当者の入江光輝准教授(ヨルダンコース担当)と岩崎真紀助教(チュニジアコース担当)が、駐日チュニジア共和国大使館を訪問し、サミー・ブガンミ一等書記官にプログラム概要を説明するとともに、今後の連携についての打ち合わせを行いました。この訪問には、プログラム参加生の小川湧司さん(人文2年)、田中千智さん(生物2年)、山中巧さん(国際4年)、昨年度参加生・現アシスタントの大伴史緒さん(国際地域M1年)も参加し、今般のプログラム参加にあたっての抱負をブガンミ一等書記官にお伝えしました。

13
2

広告

コメントは受け付けていません。