アラビア語と現地文化を知るための短期研修「フルササイーダプログラム」の参加者募集について

この夏、中東・北アフリカでアラビア語を学んでみませんか?

FursaSaida2014Poster

北アフリカ研究センターでは、本学のアラビア語教育の一環として、2014年にヨルダンとチュニジアで夏期研修を実施します。

1)プログラム名:
アラビア語と現地文化を知るための短期研修 「フルサ・サイーダプログラム」

2)派遣国:
チュニジアもしくはヨルダン

3)派遣先:
チュニジア:
ブルギバスクール(チュニス・エルマナール大学付属ブルギバ現代語言語学院)
ヨルダン:
ヨルダン科学技術大学

4)期間:
チュニジア:7月4日から8月9日(約5週間)
ヨルダン:8月中旬(2週間)

5)応募資格:
筑波大学の学群または研究科の正規課程に在学する者

6)奨学金:
JASSO海外支援制度により、基準を満たした参加学生には、6万円(チュニジア)もしくは8万円(ヨルダン)支給

7)説明会:
5月1日(木) 3限@3B405 、4限@2G204

8)締切(担当者への連絡):
チュニジア:5月7日
ヨルダン:5月21日

9)費用等の詳細:
こちらの説明資料をご一読ください。

10)申し込み手続きの流れ・様式のダウンロード:
チュニジア: 申し込み手続きの流れ申込書(Enrollment Form)
ヨルダン: 申し込み手続きの流れ /申込書(Registration Form)
両コース共通: 連絡先および旅程記入様式

11)連絡先:
チュニジア担当
岩崎真紀(北アフリカ研究センター/比較文化学類/外国語センターアラビア語担当)
ヨルダン担当
入江光輝(北アフリカ研究センター/生物資源学類)
お問い合わせはこちらのフォームからお願いします。

*本プログラムは、JASSO海外支援制度、筑波大学40周年記念事業の認定を受けたプログラムです。

主催:北アフリカ研究センター
共催:筑波大学チュニスオフィス
後援:駐日チュニジア共和国大使館・ヨルダン王国大使館

広告

コメントは受け付けていません。