北アフリカ研究センター礒田博子センター長の研究が筑波大学新聞の1面で取り上げられました

gakuseishimbun307

北アフリカ研究センターの礒田博子センター長の研究が筑波大学新聞(第307号・2013年5月20日発行)の1面で取り上げられました。

チュニジアやモロッコなどの北アフリカ地域の植物が持つ薬効成分に着目したきっかけや研究成果、動向、これからの展望などについてわかりやすく説明されています。

筑波大学新聞バックナンバー(第307号)の全文がこちらで閲覧できます。

広告

コメントは受け付けていません。