第55回ARENA定期セミナーを開催しました

第55回ARENA定期セミナーを下記のとおり開催しました。

IMG_1218IMG_1269

IMG_1253IMG_1261

■ 日時:
2012年12月6日(木) 17:30-19:00

■ 場所:
共同研究棟A303(ARENA会議室)

■ 講演者:
渡邊 祥子 氏
(日本貿易振興機構(ジェトロ)アジア経済研究所 地域研究センター 中東研究
グループ 研究員)

■ 課題:
「アルジェリア・ウラマー協会におけるイスラームと政治」

■講演要旨:
公的領域を監督する国家から、私事化された宗教が分離される政教分離モデルは、近代国家の理念の一つであると考えられてきた。しかしながら、実際には宗教と国家の関係は地域によって多様であり、近代におけるその再定義の過程には、宗教側の人々も関わっていた。本報告では、植民地時代の アルジェリアにおける在野のウラマー(イスラーム知識人)の団体、アルジェリア・ウラマー協会(1931年創設)を事例に、 イスラームと政治の関係についての彼らの思想を読み解き、 アルジェリアの政教関係史におけるその意義を展望する。

当日のポスターはこちら

広告

コメントは受け付けていません。