チュニジア外務大臣との懇談会

6月25日,訪日中のラフィーク・アブデッサレーム・チュニジア共和国外務大臣と山田信博筑波大学長との懇談が都内で行われました。北アフリカ研究センター・中嶋光敏センター長と、北アフリカ・地中海事務所・礒田博子所長、海外大学共同利用事務所・森尾貴広副所長、北アフリカ研究センター・鯉沼秀臣客員教授が同席しました。
懇談では,外務大臣よりチュニジアにおける体制移行と改革後の国づくりについて説明がありました。その後の懇談ではボルジェ・セドリア・テクノパークへの 筑波大学の協力等,これまでのチュニジアと本学の協力関係についての意見交換が行われるとともに,人材育成や科学・研究分野での一層の協力関係の構築につ いて意見交換が行われました。
懇談は一時間半程度行われ,チュニジアと本学との協力関係の促進にとって大変有意義なものとなりました。

大学の公式HPから転載(一部改)。

関連リンク

広告

コメントは受け付けていません。