最新5件の記事・目次

上山一助教監修の『バハレーンの産業基盤』が中東協力センターのホームページに掲載されました。

一般財団法人 中東協力センター(JCCM)から、上山一助教が監修された『バハレーンの産業基盤について(20ページ)』が発行されました。

Bahrainの資料や写真がふんだんに掲載され、下記のコンテンツで、わかりやすく簡潔に説明されております。JCCMのホームページ(バーレーンの箇所)から、PDFをダウンロードすることができますので、興味のある方は、ぜひ、下記のサイトをご覧ください。

一般財団法人 中東協力センター(JCCM)

中東各国情報 バーレーン

【Contents】
INFRASTRUCTURE
INDUSTRY
LIFE·BUSINESS ENVIRONMENT
MAP

上山一助教のコラムが『世界経済評論9月/10月号』に掲載されました

一般財団法人 国際貿易投資研究所(ITI)が発行(隔月発行)する『世界経済評論』9月/10月号に、上山一助教のコラムが掲載されました。

『世界経済評論』9月/10月号の特集は「原油安と中東ジオエコノミクスの波動」です。上山教授は「中東産油国の経済動向」と題するコラムを寄稿しました。


世界経済評論

神津博幸研究員が日本食品工学会2015年度論文賞を受賞

■北アフリカ研究センターの神津博幸研究員が、一般社団法人 日本食品工学会 Japan  Society for Food Engineeringから論文賞を授与されました。(2016.8.4)

■対象論文は、“Analysis of Disintergration Of Agar Gel Particles with Different Textures using Gastric Digestion Simulator です。

論文情報:日本食品工学会誌 第16巻,第2号,pp.161~166,2015


論文賞_楯_加工論文賞受賞_写真_加工

第80回ARENA定期セミナー

第80回ARENA定期セミナーを下記のとおり開催いたしました。
スライド1


      • 講演題目:The Mediterranean diet: implications along the Spanish agrofood chain
      • 日時:平成28年7月21日(木曜日)17:00~18:30
      • 場所:北アフリカ研究センター会議室(共同研究棟A301)
      • 講演者:Prof. Luis Miguel Albisu
        Professor, Chairman Scientific Committee,
        Center for Agro-Food Research and Technology
        of Aragon (CITA), Government of Aragon, Spain
      • Abstract:The Mediterranean diet has been praised for its healthy benefits in many countries. Traditional Mediterranean countries have been adapting, along their agrofood chains, to new consumers’ demands as well as policy requirements established by the European Union (EU) authorities and technical recommendations offered by the European Food Safety Authority (EFSA). This presentation analyses the main trends occurring along the Spanish agrofood chain from consumers’ reactions but also decisions taken by agrofood industries and producers of agricultural commodities. Somehow, the idea is to have a global vision of the entire agrofood system

 

DSC00424

セミナーの様子

DSC00430

Prof. Luis Miguel Albisu

DSC00440DSC00443

松原康介准教授がEast Asia Planning History Prize(東アジア都市計画史賞)を受賞

■北アフリカ研究センターの松原康介准教授が、International Planning History SocietyよりEast Asia Planning History Prizeを受賞しました(2016.7.20)

■対象業績は、国際誌Planning Perspectivesに掲載された論文“Gyoji Banshoya(1930–1998): a Japanese planner devoted to historic cities in the Middle East and North Africa”です。

論文情報:DOI: 10.1080/02665433.2015.1073610
発表:国際都市計画史学会(International Planning History Society)HP


Award Matsubara

East Asia Planning History Prize

Matsubara-2

表彰される松原准教授

北アフリカ研究センター他 有志による学内緑化運動

北アフリカ研究センター、人間エリア支援室 有志が、学内の緑化運動(兼趣味)で花壇の整備を始めました。
草取りから始めた花壇には、やっと「ひまわりの花」が咲きました。


DSC00451

こちらは「スイカ」です。

上山一助教執筆の「中東におけるイスラーム銀行の現状」が『FIELD PLUS』に掲載されました

上山一助教が執筆された
「中東におけるイスラーム銀行の現状」
 イスラーム金融が利用される背景とは?

東京外国語大学出版会から発売された『FIELD PLUS』201607 no.16に掲載されました。


DSC00464

※『FIELD PLUS』(フィールドプラス)とは?
東京外国語大学 アジア・アフリカ言語文化研究所が一般向けに発行する出版物です。
詳しくは、アジア・アフリカ言語文化研究所のH.P.をご覧ください。